cBlog

Tips for you.

欅坂46『ガラスを割れ!』素人評価 これはこういう曲なんだ

スポンサーリンク

書こう書こうと思っていた中、7thシングルの発売が発表され、このままでは本当にお流れになってしまうと感じたので今更ながら書きます。

www.youtube.com

ガラスを割れ!

ガラスを割れ!

  • 欅坂46
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

基本情報

  • 作詞:秋元康
  • 作曲:前迫潤哉、Yasutaka.Ishio
  • 編曲:APAZZI
  • BPM:164
  • 4分の4拍子
  • C#マイナー
  • 音域:G#2-B3

 

レビュー

ダサいよね。

いろいろそう感じさせるポイントはあるんだけど、なんでそんな曲をそのまま持ってきたんだろう?って思った。初めて聴いてから半年近く経って、ようやくわかったような気がする。それについては後述。

まずはダサポイントから。

イントロの“HEY!”はヤバいでしょ。私なら絶対できない。これじゃとにかく明るい欅坂じゃん。こうすればメンバーが明るくなるとでも思った?

|C-G---F---E-C---|B-G---F---E-C---|

にしても

|B-C-C-C-C-C-B-C-|--C---C-B---C---|

にしても、繰り返しフィーチャーするほどのものとは思えない。

メロディの構成としては、パーカッシブな部分とメロディアスな部分で構成されている。前者は悪くないと思うが後者は微妙。

ここまで「部分」について述べてきたが、この曲に漂うダサさの原因はむしろアレンジにあるように思う。全体的に単純にし、「ロック」って感じを前面に押し出してきている。循環コードを基調としたコード進行はすぐに覚えられることだろうし、コード自体もトライアドで変わったコードも無い。単純だといってもバカにしているわけではない。ロックとはそういうものだ。

問題は作ってみた感というか…洗練されたサウンドのロックではないところにある。そして、冒頭の件に到達するが、それは狙ってやっているのではないだろうかということだ。安っぽさを楽しむ曲というか、これはこういう曲なんだということにこの曲のアイデンティティーがあるのではないかと思う。

良いところとしては、サビの「G#-G#-G#-G#-G#-」というメロディと相まってM7っぽくなるところ。

 

次にレビューした欅坂46の曲

yaritakunai.hatenablog.com

ガラスを割れ! (Type-A)(DVD付)

ガラスを割れ! (Type-A)(DVD付)