cBlog

Tips for you.

Macで複数のファイルの合計サイズを確認 Finderのインスペクタ

f:id:cruller:20161027220048p:plain

WindowsからMacに移行してきて戸惑ったことの一つに、ファイルやフォルダの合計サイズを知る方法があります。

Windowsだったら、複数のファイルを選択し、右クリックしてプロパティを表示すればいいのですが、Macで同様のこと(副ボタンのクリック*1 -> 情報を見る、またはcommand + I)をやると

スポポポポポポポポーン

とブラクラ顔負けの大変なことになります。(やってしまった場合はcommand + Wを連打しましょう。)

この合計サイズを知る方法、結構最近まで知りませんでした。(調べるのを怠っていただけともいう。)

複数のファイルを選択した状態で、

副ボタンのクリック -> optionキーを押しながら「インスペクタを表示」

または

option + command + I

です*2

ちなみに、複数のファイルやフォルダを選択する方法は、WindowsではCtrlキーを押しながらクリック(連続したファイルやフォルダはShiftキーを押しながらクリック)ですが、Macではcommandキーを押しながらクリック(連続したファイルやフォルダはshiftキーを押しながらクリック*3)です。

Ctrlキーがcommandキーに変わっただけです。このCtrlキーとcommandキーの対応、覚えておいてください。Ctrlキーをcommandキーに変えれば、WindowsのショートカットはMacでもだいたい同じです(コピーがCtrl-C (command + C)など)。

さらに、このインスペクタウインドウ。「情報を見る」と違って、クリックや矢印キーを使ってファイルやフォルダの選択を切り替えると、瞬時に情報が更新されます。便利ですね。

 

まとめ

Macで複数の項目の合計サイズを確認する方法のついでに、Mac初心者のためにショートカットキーの対応についてお送りしました。

macOS Sierra パーフェクトマニュアル

macOS Sierra パーフェクトマニュアル

 

*1:2 本指でクリックまたはタップ

*2:control + command + Iの「概要情報を見る」でもいいのですが、より便利なインスペクタを紹介しました。macOSは一つのことをやるにもいろいろ方法がありますね。

*3:項目の表示タイプによっては使えない。その場合は、shift + 矢印キー