読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cBlog

Tips for you.

Round and Round

音楽 the brilliant green

- the brilliant green  #ブリグリ布教活動

TERRA2001

TERRA2001

  • アーティスト: the brilliant green,川瀬智子
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 2000/10/01
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 12回
  • この商品を含むブログ (55件) を見る
 

リリース:1999/09/08

 

こうなりゃ、全曲レビューしてやる!

 

 

クリーンギターのソロながら異様な雰囲気で始まるこの曲。

それを初めて聴いた瞬間、「かっこいい」と、この曲の世界観に引き込まれ好きになり、今でも最も好きな曲の中の一つである。

 

今では脱退してしまった松井亮による作曲。

 

何回か聴いているうちに好きになる曲も少なくない中、私の場合、the brilliant greenの曲は初見で好きになることが多い。

 

タイムは8分の12拍子、流行歌ではあまり見られない?

 

Aメロのコード進行は、

|A--G/B--C-----|

の繰り返し。

しかし、なぜだかギターのアルペジオにC音が繰り返し弾かれている。

だが、それがいい。

 

Bメロに入った瞬間のオルガンのF音が美しい。

それと、女性ボーカルの低音って好き。

 

歌詞を読んだ限りでは、怒りの感情を感じた。

川瀬によると、子守歌や童謡のノリで書いたという。

なるほど、サビのメロディーは何か繰り返し訴えかけてくるものを感じさせるが、作詞者が感じた印象も似たようなものだったのかもしれない。

 

2番ではBメロの構成が変化して、聴き手を飽きさせない。

 

ストリングスによる終止の余韻が素晴らしい。

 

松井亮は、奥田俊作とは異なる独特の音楽を作り出す。

もうthe brilliant greenでは聴けないと思うと、惜しい。

 

この曲はもっと評価されるべき。

YouTubeかiTunesなんかで試聴してみて。下で試聴できます。

この曲の魅力を伝えきるには、あたしの今の表現力じゃ無理だわ。

Round and Round

Round and Round

  • the brilliant green
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes