読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cBlog

Tips for you.

ハリルジャパン初の公式戦「日本×シンガポール」 一夜明けての感想

サッカー

f:id:cruller:20150609213708j:plain

2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選

兼AFCアジアカップ2019 予選

埼玉スタジアム2002 さいたま

2015/6/16 19:30

グループE

日本 0-0 シンガポール

 

 

大変だ。

 

日本代表が勝てなかった。

ワールドカップへの道のりに暗雲が垂れ込めただけでなく、現在の実力を突きつけられた。

その事実にショックを受けた人も多いのではないだろうか。

 

イラク戦での球離れの早いサッカーはどこへやら。

その日見られたのはかつての日本代表だった。

 

動きの重い前線。

パスコースを見つけられず、球離れが悪くなる悪循環。

中から攻めることへの拘泥。

その原因かもしれない頼りないサイド。

 

負けているわけでもないのに、必要以上に焦っていた。

わざと相手に攻めさせる、強豪国のような狡猾さはまだ持ち合わせていなかった。

 

責められるべきは選手だけではないだろう。

引いた相手をどう崩すか。

ハリルホジッチが、今まで直面してきたこの課題に対してどういうアプローチをとるのか、個人的には楽しみにしていた。

しかしながら、ザッケローニとの違いを見せることはできなかった。

 

縦に速いサッカーは実現できなくて当然である。

引いている相手に裏へのスペースなどない。

 

原口のボランチでの起用にも疑問が残る。

結果が求められる世界、奇策は成功しなければ愚策である。

 

采配の不振は、ワールドカップへの重圧から来るのだろうか。

ワールドカップ予選の初戦はいつも苦戦してきた。

 

監督別ワールドカップ予選初戦
1998

加茂J ○1-0 オマーン A

岡田J △1-1 UAE H

2006

ジーコJ ○1-0 オマーン H

2010

岡田J ○4-1 タイ H

2014

ザッケローニJ ○1-0 北朝鮮 H

 

第2次岡田政権を除けば、いずれも1ゴールしか挙げられていない。

ハリルホジッチがワールドカップ予選を経験しているかどうか調べられていないが、この結果をみると初めてでもおかしくはない。

 

 

11月12日、アウェー・シンガポール戦。

本当の絶対に負けられない戦いは、自ら招いた。