cBlog

Tips for you.

Logic Pro XでSoundFont (.sf2)を読み込む方法【EXS24 mkII】

f:id:cruller:20170803122510p:plain

まるでフォントのように様々な音色を扱うことができるSoundFont。ネット上ではフリーのSoundFontが多数配布されており、手軽に揃えることができます。Logic Pro Xではサンプラープラグイン「EXS24 mkII」でSoundFontを再生可能です。

SoundFontにはバージョン1(.sbkファイル)とバージョン2(.sf2ファイル)がありますが、EXS24 mkIIが対応しているのはバージョン2のSoundFont2です。

この記事では、SoundFont2をEXS24 mkIIで使う方法を紹介します。

本記事はLogic Pro X 10.3.1を基に書かれています。

 

SoundFont2のインストール方法

例として、インストールするSoundFont2ファイルを「Example.sf2」とします。

1. 「Example.sf2」ファイルを~/ミュージック/Audio Music Appsにある「Sampler Instruments」フォルダにコピーします。

2. Logic Pro Xを起動し、適当なソフトウェア音源トラックを作成します。

3. インスペクタの左チャンネルストリップにある「Instrument」をクリックし、「EXS24 (Sampler)」をクリックしてEXS24を立ち上げます。

4. EXS24プラグインウインドウの「---」部分をクリックし、サンプラー音源ポップアップメニューを開きます。

5. サンプラー音源ポップアップメニューの「Example.sf2.bk」から好きな音色を選択します。もし「Example.sf2.bk」が表示されていなければ、メニューにある「メニューを更新」をクリックしてファイル保存場所をスキャンします。

これで「Example.sf2」のインストールは完了です。以降は、同様にしてEXS24を挿入し、好きな音色を選択すれば演奏可能になります。

 

備考

インストールの過程で、SoundFont2は自動的にEXS24 mkII形式のサンプラー音源へ変換されます。したがって、元のSoundFont2ファイルは削除しても構いません。

サンプラー音源とは、サンプルと呼ばれるオーディオファイルのセットです。

サンプラー音源の設定ファイル(.exs)は「Example.sf2.bk」という名前のフォルダにまとめられ、「Sampler Instruments」フォルダに保存されます。サンプルは「Example.sf2.Samples」という名前のフォルダにまとめられ、~/ミュージック/Audio Music Appsにある「SoundFont Samples」フォルダに保存されます。

 

参考

「Logic Pro 音源」マニュアル

 

はじめよう!  Logic Pro X すぐに使えるポイント111

はじめよう! Logic Pro X すぐに使えるポイント111