cBlog

Tips for you.

Windows 10のライセンスをMicrosoft アカウントに紐付けする方法

f:id:cruller:20170208234115p:plain

Windows 10に無償アップグレードした方は、再インストール時にハードウェア環境が変わっていた場合、ライセンス認証ができなくなる危険性を認識しておいた方がいいでしょう。この事態は、Windows 10 1607 Anniversary Updateで導入された、ライセンスをMicrosoft アカウントにリンク(紐付け)する機能を使うことで回避できます。これを利用すれば、別PCにライセンスを移動させることもできます。

 

やり方

スタートボタンから、設定 > 更新とセキュリティ > ライセンス認証と進みます。

リンクされていない状態では、

Windows はデジタル ライセンスによってライセンス認証されています

と表示されています。

アカウントの追加をクリックします。

Microsoft アカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、サインインをクリックします。

現在のWindows パスワード(ローカル アカウントのもの)を入力し、次へをクリックします。

完了すると、表示が

Windows は、Microsoft アカウントにリンクされたデジタルライセンスによってライセンス認証されています

と変わります。

 

ちなみに、これを行うとMicrosoft アカウントでのサインインに変わるので、そこはクソだと思います。

 

参考

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/20530/windows-10-reactivating-after-hardware-change

 

目次ページに戻る

広告