cBlog

Tips for you.

文章が書けない

スポンサーリンク

噛まれた鉛筆と丸められたメモ用紙

文章が書けない。書きたいことは山ほどあるのに。いや、今この文章を書いているので書けないわけではないのだが、記事を書こうとなると非常に書きづらい。今回はそんな心の渦巻きを書かせてください。読んでも意味がわからないかもしれないがあなたは正常なので安心してほしい。実のところ私もわからない。

プレッシャーかもしれない。ちゃんとした記事を書こうという。デスクに向かってだとつらいのでiPhoneで横たわりながら書いている。これだと幾分筆が進む。メモみたいだからかもしれない。文章の展開を考えず書いてもいいみたいな。あるいは、向かっていられない、ただのグータラなのか。

文章の展開。そうだ、それが一番怖い。書き出しが困る。何を書くかもそうだが、展開が確定してしまうから。文章の可能性は無限にあるのに、書き進めるほど文章の自由度が狭まっていく。論理の分岐が固まっていくのだ。後戻りできない。

書いて直していく。例えば、箇条書きでも書いて、展開を決め、修正していく。そういう人も多いだろう。だが、私にはできない。optimizationしたくなる。何かを書いた時点で潜在的な手の数は少なくなってしまう。すべて頭の中で組み立てを終えてしまいたいのだ。原理的に不可能なのに。

病的といえば病的だ。完璧主義の制約を受けている。それでも文章はここまで進んだ。矛盾。あれほど文章の可能性を狭めたくないと言いながら、結局iPhoneで心の赴くまま吐き出したらそれで投稿してしまおうとしているのだから。認めたくないが幾ばくか心が楽になった気がしないでもない。この記事の使命は終えたということだろうか。

書きたいことだけ書いていたい。使命感で書く記事はつらい。ブログをする目的は何かということなのだろう。醒めやすいというのもある。書く前に、あるいは、書いている途中で。書く前に醒める場合は、すぐに書かなかった場合に起こりやすい。そのことについての熱が冷めると言える。書いている途中で醒めるのは、心のうちを排出し終えてある種の満足(のようなもの)を感じるから。書き出したものを見て、げんなりして醒めるときもある。

だるい。その一言に尽きる。写真、図、表、リンクを入れようとするとさらに。疲れた。ブログというよりすべてのことに。びっくりするほどユートピア! たまにはそう叫びたくなる夜もある。

2018年7月6日0時32分