cBlog

Tips for you.

無線LAN中継機「Buffalo WEX-G300」レビュー nasneを無線化した

f:id:cruller:20170703235006j:plain

先日は無線LANルーターを買い替えましたが、今度は煩わしいLANケーブルを撤廃するべくnasneの無線化に挑戦しました。

 

選び方

購入したのは、バッファローのWEX-G300。この製品を選んだ理由は、主に以下の2点。

  • 安価
  • ギガビットイーサ(1000 Mbps)対応

まずは安いこと。10年前の感覚で、有線LANを無線化するにはイーサネットコンバータだろと思っていたのですが、そんな製品ほぼ死滅しているんですね。無線LANルーターには子機(無線HUB)として使えるものも多く、複数LANポートを備えた無線子機はルーターか中継機ということになっているようです。

次はルーターか中継機の検討ですが、複数のメーカー(BUFFALO、NEC、I-O DATA)を見て安価な製品の中でギガビットイーサを備えているということで本製品にしました。Wi-Fiが規格値300 Mbpsのスペックなのにギガビットイーサの意味あるの?と思われるかもしれませんが、中継機の子機間の通信は1 Gbpsで行えるわけです。

 

レビュー

というわけでレビューに入ります。Wi-FiのスペックはIEEE 802.11n/g/b(最大300 Mbps)。注意点は2.4 GHz帯であること*1。802.11nには2.4 GHz帯と5 GHz帯の2種類の帯域があるのですが、2.4 GHz帯は電子レンジやコードレス電話にも利用されており通信に支障をきたしがちです。そのため、本製品も出荷時には最大144 Mbps(チャネル幅20 MHz)に設定されています。混雑する帯域であること、Macなど一部の製品では2.4 GHzの802.11nだと倍速モード(チャネル幅40 MHz、最大300 Mbps)に対応していないことから、20 MHzの設定のまま使用されることをおすすめします。

 

開封

パッケージの外観はこちら。

f:id:cruller:20170703235011j:plain

 

セット内容は、以下のようになっています。

f:id:cruller:20170703235016j:plain

  • 本体
  • スタンド
  • ACアダプター
  • 設置・初期設定ガイド
  • 仕様・詳細情報
  • Android端末をお使いの方へ
  • (保証書は箱に記載)

スタンドは側面に取り付けることもでき、タテ置き/ヨコ置き/壁掛けが可能です。

 

ヨコ置きにしました。そばにあったiTunes Cardで大きさの比較。いい意味で予想を裏切るコンパクトさ

f:id:cruller:20170703235020j:plain

 

インターフェイス類がある周囲は光沢素材になっています。

f:id:cruller:20170703235027j:plain

前面にあるのは、上から

  • WPSボタン
  • パワーランプ
  • 親機接続ランプ
  • 子機接続ランプ
  • WPSランプ

地味にいいなと思ったのが、WPSボタンを短く長押しすると起動したまま前面のランプを消灯させることができるんです。部屋のインテリアを気にされる方には便利な機能です。

 

背面には、ポート類。

f:id:cruller:20170703235031j:plain

右から

  • LAN端子x4
  • 電源ボタン
  • DCコネクター

電源ボタンはOFFになると飛び出るタイプなので、上で述べたランプ消灯機能有効時でも電源状態がわかるようになっています。あと、RESETボタンが底面にあります。

 

設定

よくわからない方はAOSSやWPSを使えばいいと思いますが、私は手動で設定しました。本製品のデフォルトのIPアドレスは、192.168.11.210です。

まずはセキュリティのかかっていない初期設定用SSIDに接続し、親機との接続設定が完了すると親機のSSIDで上書きされるという仕組みに、うまいな〜と感じました。ただ、この設定時に「設定しています」の表示がいつまで経っても変わらず、手動で設定ページを開き直さなければいけなかったのがわかりづらいと思いました。親機のIPアドレスの関係(第3オクテットが違う)でしょうか? ちなみに、親機との接続が完了してしまうと、無線チャンネルや倍速モードの設定は変えられなくなるので注意が必要です。

自動で設定した場合、中継機用SSIDは親機とまったく同じSSIDが引き継がれますが、面倒でも異なるものに変えた方がいいと思います。端末を使っていて、中継機の方が電波状況がいいのに親機に接続されてしまうということがあるからです。

 

使ってみた

以下のサイトを使って、WEX-G300に接続した端末から無線LANルーターを経由してインターネットに接続したときの速度を測定してみました(144 Mbpsリンク時)。

beta.speedtest.net

回線自体は200〜300 Mbps以上出るものです。

 

結果は、上り、下りとも40 Mbps以上出ました。デジタル放送のビットレートは最大24 Mbpsですからnasneも問題なく使用できます。実際に視聴してみてもコマ落ち等はありません。

念のため繰り返しますが、この結果は倍速モードOFF時のものであり、この製品のスペック上は最大で本結果の2倍程度の速度が出ると考えられます。

 

まとめ

Wi-Fi中継機が欲しい or 無線LAN機能がついていない機器を無線化したい

というときに、

  • 出費を抑えたい
  • 802.11acの速度は必要ない

という方におすすめの製品になっています!

BUFFALO 無線LAN中継機 11n/g/b 300Mbps エアステーション Giga 据え置き WEX-G300

BUFFALO 無線LAN中継機 11n/g/b 300Mbps エアステーション Giga 据え置き WEX-G300

 

*1:802.11aに対応していないことからもわかります