cBlog

Tips for you.

ParallelsのWindowsをクリーンインストールした

今使っている仮想マシンはBoot Campからむりやり移行してきたもの。

yaritakunai.hatenablog.com

Boot Camp時代のいらないドライバが入っているのとWindowsが肥大化してきたので、Creators Updateを機に再インストールしました。

 

前回、再インストールに必要なことをまとめておいたのでスムーズにいきました。

yaritakunai.hatenablog.com

ちょうど1年前だったんですね。再インスコしたくなる時期なんでしょうか?

 

ブックマーク、メール

ブックマークとメールはクラウドに移行済みなので作業は必要ありませんでした。

 

ブックマーク

yaritakunai.hatenablog.com

 

メール

yaritakunai.hatenablog.com

 

インストールメディアの作成

以下のリンクから落とせます。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

 

システムイメージバックアップ

念のための丸々バックアップ。仮想マシンなので.pvmファイルをコピーするだけです。楽ちんですね。

 

バックアップ

言うまでもなく、私個人の場合です。

  • AviUtl/
  • Data/
  • Media Goライブラリ
    • Prefs.xml(存在する場合)
    • SFFWPrefs.xml(存在する場合) - なかった
    • Settings.ist
    • Library.tdb
    • Artwork.db
  • デスクトップ/
  • ドキュメント/
  • ピクチャ/
  • ビデオ/
  • ミュージック/
  • ブラウザタブ
    • Memo: ftp://ftp.vaio-link.com/pub/VAIO/ORIGINAL/
  • ピン留めソフト

 

アプリケーションのライセンス

Logic Proに移行するのでWindowsでのDTM関係のライセンスはすべて解除しました。

 

Windows 10のインストール

仮想マシンを作り直すと設定し直しになるので、実マシンにやるように仮想ハードディスクを消去してやってみました。

まず、Windows 10 ISOファイルをマウント。「設定」アプリを開いて、更新とセキュリティ > 回復とたどり、「PC の起動をカスタマイズする」欄の「今すぐ再起動する」をクリック。再起動後の画面に従ってDVDからブートします。

インストールの種類はカスタムを選択。インストール場所を選択する場面になったらパーティションをかたっぱしから削除!削除!!削除!!! 「新規」をクリックすると勝手に4つのパーティションが作成されるので、一番でかいパーティションを選んでインストールしていきます。

 

プライバシー設定

問答無用ですべて「オフ」または「基本」。

 

Microsoft アカウントに紐付けしていなくても、ライセンス認証は「プロダクト キーがありません」で通りました。

 

インストール

断捨離の結果、入れたソフトはこんな感じ。

  • Acrobat Reader DC
  • Flash Player
  • ASIO4ALL
  • SONAR(本体のみ)
  • DVDもにょもにょ
  • Media Go
  • Microsoft Office
  • Firefox
    • Expire history by days
  • PC TV Plus
  • WinRAR
  • もにょもにょプレイヤー

現時点では、SONARは既存のプロジェクト用として考えています。Classic Shellはすでにやめています。柔軟にデフォルトのUIに合わせます。

 

感想

勝手にLINEとかのストア アプリのインストールが始まってうざかった。クリーンインストール自体は簡単だけど、設定やインストールが必要なソフトウェアがめんどくさい。

断捨離したソフトの分が大きいのだろうけど、結果的に10 GBほど減って40 GBくらいになりました。

Microsoft Windows 10 Pro Creators Update適用版 32bit/64bit 日本語版 (最新)|オンラインコード版