読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cBlog

Tips for you.

Sony Xperia X Performanceをレビュー Z4から替えた感想

docomo Xperia X Performance SO-04Hを入手しました。Xperia Xの派生版という、ZシリーズやXZとは違った位置付けの本製品。今更になりますが、それまで使用していたdocomo Xperia Z4 SO-03Gと比較しながらレビューしたいと思います。

 

外観・デザイン

表面です。特徴は5.0インチの画面サイズ。先代のZ4、Z5や後継のXZは5.2インチとなっており、この画面サイズは一代限りとなってしまいました。画面の大きさに関心がなく、操作のしやすさ重視な私は特に気にしていません。

f:id:cruller:20170406222522j:plain

もう一つ、Z4との違いとして前面ステレオスピーカーがあります。(Z4もどちらかといえば前面にありますが、スリット状なので。)結構音量も取れ、音質は高音がツヤのある感じです。

 

背面です。カラーはWhiteですが、大部分を占めるのはシルバーのバックパネル。Xperia初の金属素材はうれしいのですが、光沢が強く、剛性が弱いため少々チープに感じます。

f:id:cruller:20170406222526j:plain

 

ボタン類です。電源ボタンは指紋センサーも兼ねており、ロック解除が格段に楽になりました。指紋センサーといえば、VAIOに搭載されていたスライド式のものは認識率が低く、嫌なイメージしかありませんでした。しかし、技術の進歩かタッチ式のおかげか、本機の認識率は快適です。失敗しても2回目には成功する感じ。手汗の多い私の場合、ダメなときはてんでダメですが。

f:id:cruller:20170406222530j:plain

地味にうれしい変更点は音量キーが下部へ移動したこと。電源ボタンとの誤爆が皆無になりました。

 

端子類です。SIMスロットとmicroSDスロットが集約されており、蓋類はここだけ。キャップレス防水の3.5 mmジャックは上部にあります。同じくキャップレス防水のmicroUSB端子は下部です。

f:id:cruller:20170406222534j:plain

地味ですが、私の習性で気になるマイクロホンはサイドフレームの上下に2箇所あります。おそらく、下が通話用、上がノイズキャンセリング用です。

 

Z4との比較です。こうして見るとそっくりなZ4が左側です。画面サイズの分、Z4よりも小さいですが、厚さは増しています。余談ですが、薄型競争は何なんでしょうね。ある程度厚みのある方が持ちやすいと思うんですけど。

f:id:cruller:20170406222538j:plain

前背面パネルは両方ともエッジがラウンド状になっており手に優しいです。副作用として保護フィルムの選定にみなさん苦労されているようです。

おすすめの液晶保護フィルム

yaritakunai.hatenablog.com

 

使用感

「1年新しくなっただけでそんなに変わんねーよ」と思っていましたが、びっくりしました。全然違います。Androidは、iPhoneと違っていくら速くなってもサクサク・キビキビというイメージがありましたが、払拭されました。ヌルヌルです。スペック上、CPUはオクタコアからクアッドコアにダウンしていますが関係なかったですね。Z4などに搭載のスナドラ810はクソです。X Performance(以下、XP)は発熱もほとんど気になりません。

 

ディスプレイ

満足です。印象としては、視野角、発色、明るさがZ4より格段に向上しています。

比較画像を用意してみました(上がXP)。

f:id:cruller:20170406222543j:plain

どちらもX-Realityオンでの比較なのでアレだったかなと思いますが、どうでしょう? ぱっと見Z4の方がビビッドで綺麗に感じるかもしれませんが、やりすぎです。暗部を見てみるとXPの方がコントラストがわかりやすくなっています。空を見てみても階調表現が豊かです。XPは白飛び気味ですが、撮影したカメラのせいかも。あと、XPの方が暖色系ですね。

 

ホワイトバランスも比較しました(右がXP)。やっぱり色温度が低くなっています(個人的に賛成)。

f:id:cruller:20170406222559j:plain

 

カメラ

アウトカメラの画像を比較します(左がXP)。XPの方が解像感があり、シャープですね。

f:id:cruller:20170406222611j:plain f:id:cruller:20170406222624j:plain

カメラの起動やオートフォーカスも高速になっており、使いやすいです。電源ボタンの2回押しで起動できるところも気に入っています。

 

4K動画撮影機能が削除されたのがデメリットとよく言われていますが、それは標準カメラアプリの話で別のアプリを使えば可能であることは付け加えておきます。

レビューサイト「DxOMark」による採点では、同率2位とXZよりも上位の評価を受けています。

www.dxomark.com

 

音質

客観評価

GSMArenaの音響特性を引用し、Z4と比較します。

www.gsmarena.com

 

測定値を以下に示します。(表はスクロールします。)

  周波数特性
[dB]
雑音
[dBA]
DR
[dBA]
THD
[%]
IMD+N
[%]
SC
[dB]
Sony Xperia X Performance +0.01, -0.04 -95.2 90.0 0.0038 0.011 -95.1
Sony Xperia X Performance(ヘッドフォン接続時) +0.23, -0.17 -93.2 89.3 0.0078 0.174 -64.9
Sony Xperia Z4 +0.03, -0.01 -94.8 89.4 0.0046 0.012 -94.3
Sony Xperia Z4(ヘッドフォン接続時) +0.40, -0.10 -93.0 89.0 0.0049 0.227 -52.3

 

測定値の見方は以下の記事を参照してください。

yaritakunai.hatenablog.com

 

多くの指標において、XPは順調にスペックアップしています。

 

主観評価

ヘッドホンSony MDR-1A直差しでZ4と比較した感じでは、Z4の方がクリアに感じました。

yaritakunai.hatenablog.com

ただ、XPの方がキメの細かい濃密な音に感じました。解像度(特に高音)もXPの方が上です。総合的に見て、XPのサウンドクオリティはZ4より数段グレードアップしていると思います。

 

まとめ

高性能になったカメラに綺麗なディスプレイ。動作もヌルヌルになり、格段に使いやすくなっています。Xperia X Performanceにはスペックアップが地味なイメージがありますが、個人的意見では替えたときの驚きはZ→Z4のときよりもあり、おすすめです。

広告