cBlog

Tips for you.

はてなブログの過去記事をランダムでTwitterに投稿させる方法

f:id:cruller:20160113200023j:plain

数日前から(10日以上経つか?)、Twitterで過去記事を配信するようにしました。回遊率、ページ/セッションの増加や過去記事の再燃—ひいてはアクセスアップが期待できます。

最初に参考にしたのはこの記事です。

bulldra.hatenablog.com

 

ところが、Yahoo! Pipesご臨終につき手順2で詰みました。

次に、こんな記事を見つけました。

honeysuckle.hatenablog.jp

 

どちらの方法でも共通しているのは、ツイートデータの生成→twittbotということです。手順2の「過去記事からツイートデータを生成」を「あれこれやそれこれ」さんではExcel+メモ帳でやっているわけですね。

少々面倒ですが、これならできそうです。(できました。)

 

ここでは自分なりのやり方にアレンジしつつ、マカーですのでNumbers+テキストエディットを使った場合の方法も紹介します。

 

やり方

ツイートデータの生成

記事タイトルとURLの取得

Google Analyticsにログインし、期間をそれなりに長くします。

行動 > サイト コンテンツ > すべてのページを選択します。「あれこれやそれこれ」さんでは「ランディング ページ」を使っていますが、こんなブログのすべてのページに降臨してくれているか不安だったので…

ここで問題になるのが、ゴミURLが多いこと。そこで、よく使ったこともないくせに正規表現を使います。検索ボックスに^/entry/[0-9]{4}/[0-9]{2}/[0-9]{2}/[0-9]{6}$と入力し、検索します。あらふしぎ! 記事ページだけが抽出されました。カスタムURLを使っている方はごめんねごめんねー。適宜、工夫してください。

ページで並べ替えれば、日付順でソートできます。なんか感慨深いです。全記事数に足りねーよって方は、もっと期間を長くしてください。

セカンダリ ディメンション > 行動 > ページ タイトルを選択します。

エクスポート > CSVを選択し、ダウンロードします。

 

ツイートデータの整形

ダウンロードしたCSVファイルをNumbers or Excelで開きます。

ページとページ タイトル以外の列は使わないので削除してください。関係ない行も削除します。

なぜか重複データがあります。これも手動かなんかで削除します。

次に、投稿用コメントの列を作成し、[投稿用コメント][ページ タイトル][ページ]の順に並べ替えます。投稿用コメントは私の場合、「過去記事だよ /」などとしています。1行目に入力した後、セルの右下を最後尾の行までドラッグして複製します。

最後に、URLを置き換えます。Macでは「command + F」 > 歯車マーク > 検索と置換で、「/entry/」を「http://ブログURL/entry/」で置き換えます。

 

テキスト形式に整形

全データをコピーし、テキストエディットorメモ帳にペーストします。

Numbersの場合、列間がタブ文字になっているので半角スペースに置換します。「command + F」 > 「置き換え」にチェックです。タブ文字は「option + tab」で入力できますよ。

 

Twittbot

作成した複数行のテキストをTwittbotに登録します。

twittbot.net

 

方法は引用記事を参考にしてください。

 

私は、Twitter連携前の約200記事を12時間毎にランダムにつぶやかせています。引用記事で紹介されているように1年前の記事をつぶやくなど、いろいろな使い方ができそうですね。

 

 

あとがき

「過去記事からツイートデータを生成」ツールがないと、こんな手順を踏まないといけなくなりました。私に力量があれば*1、Pythonでサクッと書きたかったんですけどね。あと、2回くらい同じ作業をするなら実装するかもしれません。

今すぐ使えるかんたん Twitter ツイッター入門[最新版]

今すぐ使えるかんたん Twitter ツイッター入門[最新版]

 

*1:Webスクレイピング勉強する時間がほしいよー