読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cBlog

Tips for you.

無線MIDIキーボード「microKEY Air」がすげー欲しい

デジモノ DTM

[追記]

買いました。

yaritakunai.hatenablog.com

yaritakunai.hatenablog.com

yaritakunai.hatenablog.com

 

 

※サムネはmicroKEY2

 

私、MIDIキーボードにnanoKEY2を使っていて、ある不満に気づいたんですよ。

 

 

nanoKEY2の不満

黒鍵と白鍵に高さの差がないから、親指をくぐらせる弾き方がすげー弾きづらい。

 

 

私はピアノ弾きですから、ホントいうとフルサイズの88鍵じゃないとありえないんですよ。しかも、鍵盤がアコースティックな重さのやつ。

 

そんな私がなぜnanoKEYを使っているかというと、モビリティ重視だからです。今流行りの言い方をするとノマド的な使い方をしたい。

 

それに、テーブル小さいですからそこにキーボードでーんって絶対ヤなんですよ。パソコンでする作業はDTMだけじゃないですからね。DTM使うときだけキーボード出してくるってのもヤなんですよ。めんどくさい。

 

そんなんで、新たなMIDIキーボードでも買おうかなー?って思ってたところ、あるじゃないですか新製品。

 

Korg microKEY2

www.korg.com

 

Korg microKEY Air

www.korg.com

 

そんで、急いでAmazon見に行ったんですが、うーん?って… ないじゃん、microKEY2-25。

 

調べたら、公式ホームページよりもラインナップがまとまっている記事を発見。

www.dtmstation.com

microKEY-25:¥7,000(税抜)1月下旬
microKEY-37:オープン(市場想定価格¥11,000前後)11月中旬
microKEY-49:オープン(市場想定価格¥14,000前後)11月中旬
microKEY-61:オープン(市場想定価格¥17,000前後)11月中旬
microKEY Air-25:オープン(市場想定価格¥11,000前後)2016年1月下旬
microKEY Air-37:オープン(市場想定価格¥14,000前後)2016年1月下旬
microKEY Air-49:オープン(市場想定価格¥17,000前後)2016年1月下旬
microKEY Air-61:オープン(市場想定価格¥20,000前後)2016年1月下旬

 

なんだ、microKEY2の25鍵モデルはまだ発売されてないじゃん、と。

 

それで、1月下旬まで待つならmicroKEY Airいいなあと思い始めました。思ったよりも出費かさみますけど。だって、ノートPCの貴重なUSB端子を1個節約できるんですよ!!

 

しかも、やっぱサステインペダル欲しくなっていたんです。

 

そうなると、microKEY Air-37。25鍵モデルはサステインがnanoKEYと同じタップボタンなんですよ。しかも、3オクターブあればギリギリ一部のパッセージも両手で弾けるかなと思いまして。

 

49鍵以上はやっぱ無理。でーんはヤなの、でーんは。

 

つまり、microKEY Air-37なら

  • 黒鍵と白鍵に高低差がある
  • サステインペダル使える
  • 一度に弾ける音域が広がる
  • USB端子が1つ空く

と、4つもメリットがあるんですよ、奥さん!

 

今はテンション上がってこう書き殴っていますが、もし「microKEYは弾きにくいよ」などの声があればお待ちしております。あ、ある程度は平気ですよ、これまでnanoKEYを使っていた人間ですから。

 

 

P.S. ついでに言わせてもらうと、コルグさん。ホームページかっこよくしたいのはわかるけど、少し重いです。

KORG USB MIDI キーボード microKEY2-37 マイクロキー2 37鍵

KORG USB MIDI キーボード microKEY2-37 マイクロキー2 37鍵

 
KORG ダンパーペダル 電子ピアノ用 DS-1H ハーフペダル対応

KORG ダンパーペダル 電子ピアノ用 DS-1H ハーフペダル対応