cBlog

Tips for you.

MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)買いました - セットアップ編

セットアップしていきます。

 

使用する言語を選択します。

音声が出たので、少しびっくりしました。

f:id:cruller:20150331192651j:plain

 

お住まいの地域を選択します。

f:id:cruller:20150331192731j:plain

 

キーボード配列、キーボード操作の習熟度、入力方法を選択します。

「キーボードの操作に慣れていますか?」で“いいえ”を選択すると、ソフトウェアキーボードでの入力が可能になるらしいです。

f:id:cruller:20150331192806j:plain

 

他のPCやバックアップから、設定やファイルを転送するか選べます。

普通は“今は転送しない”を選んで、適宜、後から転送するのではないでしょうか。

f:id:cruller:20150331192846j:plain

 

Apple IDでサインインするか選択します。

私は、初Apple製品なので、“Apple IDを新規作成…”を選択しました。

f:id:cruller:20150331192929j:plain

 

Apple IDの作成では、生年月日、名前、メールアドレスを入力します。

既存のメールアドレスを入力する代わりにicloud.comドメインのアドレスを作成することもできるので、取得しました。

さらに、ニュースレターの受信可否、パスワード、レスキューメール、セキュリティ質問を3つ入力します。

のちの“iCloudアカウントをログインに使用”を選択すると、パスワードはログインパスワードとしても使用することになります。

 

利用規約をよく読み、同意します。

f:id:cruller:20150331193014j:plain

f:id:cruller:20150331193051j:plain

 

コンピュータアカウントを作成します。

“iCloudアカウントをログインに使用”のチェックを外すと、ローカルアカウントとして使用できるようです。

フルネームは、様々なところでアカウント名の代わりに表示されます。

アカウント名は、ターミナルで入力したりするので、全て小文字にするのがいいかもしれません。

f:id:cruller:20150331193132j:plain

 

位置情報からMacを探すことができます。

f:id:cruller:20150331193216j:plain

 

iCloudキーチェーンの設定です。

私はいまのところ、個人情報を置けるほどクラウドを信用していないのでOffにしました。

f:id:cruller:20150331193309j:plain

 

ディスクの暗号化を設定します。

パフォーマンスに影響が出ないとはいえないので、有効にしていません。

f:id:cruller:20150331193347j:plain

 

どんな種類のファイルでも保存できるiCloud Driveにアップグレードするか聞かれました。

迷いましたが、他の機器で利用していないならアップグレードすればいいと思います。

f:id:cruller:20150331193430j:plain

 

よくあるクラッシュレポート等の送信設定です。

報告して本人にメリットはあるのでしょうか。

f:id:cruller:20150331193506j:plain

 

セットアップ完了です。

もちろんYosemiteでした。

f:id:cruller:20150331193602j:plain

 

クリーンインストール後の占有量は、約23 GBです。

f:id:cruller:20150331193710j:plain

 

事前に予習しておいたので、スムーズに進むことができました。

この記事を読んで、入力する事項(アカウント名、パスワード等)をあらかじめ考えるのに役立てていただけたら幸いです。

 

このあと、Boot Camp編などもアップしていく予定です。